しろいたち の 釣り方。

 2021 「FタチTwi大会」やってます。 タチウオ釣れたら測ってTwitterにタグ「#FタチTwi大会」付けて投稿するだけ。 エントリーはこちらから FタチTwi大会 エントリーシート

タチウオのウキ釣りどうしてますか?

 

 

こんにちは!

 

しろいたちです。

 

タチウオのウキ釣り、

 

釣りに行く時、
釣り場に行って、
エサ、
付け方、
あわせ、
釣ってみて、
釣れなかったら、
状況が変わったら、
タチウオの・・・

 

なんやかんやいろいろと・・・

 

どうしてる?

 


 

 

ウキ釣りって、いろいろ変えれる所がありますよね?

 

 

基本的に釣り始める(使う物)はあると思います。
(しろいたちも基本これからスタートってのがあります。)

 

基本で釣れていたら何も問題はありませんが、

 

あたりが無い、

 

釣れない時、

 

釣りの仕方、

 

釣りする所や

 

天候や状況に応じてなど

 

ウキが沈まなかったら、いろいろ変えますよね?

 

そのままだったら、釣れませんから・・・

釣りに行く前・・・

これから始める方は、必要な道具類を見ながら揃えておきましょう。

 

店員さんに聞いてもOKでしょう。

 

タチウオのウキ釣りでしろいたちが使うの道具。

 

 

場所は、どう決める?

 

しろいたちの「タチウオのウキ釣りのこと。」

 

このブログを読んでるみなさんなら、ネットで釣果を検索してますよね。

 

でも、タチウオの釣りは人気で、ネットに出ている頃にはもう釣り場は満員の事が多いでしょう。

 

だから、予想して釣りに行く。

 

ここでも釣れてるだろう・・・

 

この時期ならここかな?

 

もうここでも釣れ始める、まだ釣れるだろう。

 

やっぱり、いつもの場所?

 

新規の釣り場でも釣ってみたいけど・・・

 

・・・
いろいろ迷います。

 

たまには、全く違った場所で釣ってみる?

 

地域によってタチウオの反応や好み性格の違いなんかもあると思いますので、楽しいですよ〜。

 

 

エサは、何を用意する?

 

タチウオは結構なんでも食べますが、食べない時もあります。

 

エサに関してはいろいろ書いてきたので参考にこちらをどうぞ。

 

タチウオのエサ釣り。餌はキビナゴ?サンマ?何を使う?

 

しろいたちの特性キビナゴの作り方。タチウオ用のエサ

 

ウキ釣りでタチウオを狙う時のエサの種類。(キビナゴ、サンマの定番をのぞく。)

 

イワシが大好物のタチウオ。エサにお試しあれ

 

さぁ、釣りはじめよう!

タックルをセットし、

 

しろいたち流の仕掛けをセットして、
最初にセットするのは基本の状態。

 

エサを付けたら、

 

さぁ、いよいよタチウオを釣り始めましょう。

 

ウキは沈みはじめましたか?

 

初めは、自分の思ってる一番いい仕掛けやタックルでスタートします。

 

いや、今日はこんな狙いがあるから(こんな状態、状況だから)

 

これを試してみようとかあるかもしれませんね、

 

しろいたちの「タチウオのウキ釣りのこと。」
しろいたちは、試す場合は竿を2本出します。

 

 

順調にウキが沈み、釣れれば問題はありません。

 

いや、もっと釣るには、もっと大きいのを釣りたいとか思いますが・・・

 

 

しかし、

 

あたりがないとき・・・どうしますか?

 

しろいたちの「タチウオのウキ釣りのこと。」

 

しろいたちは・・・どこで釣るか場所を探してる時から竿は曲がってるか?

 

ギラギラしてる?

 

ウキは沈んでる?

 

タチウオのアタリっぽい?

 

とか見ながら行き、

 

釣り始めても、あたりが無い時、

 

まわりのウキは沈んでるか?

 

とか見てしまう。

 

そして、釣りだしてからも同じ感じww

 

これはタチウオが居るのかどうか?

 

どのくらいいるのか?

 

活性はどうなのか?

 

この3つの状況を見てる感じ。

 

自分のウキだけでなく、周り状況も含めて今日のタチウオの状況を判断する。

 

あとは、先行者に聞く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウキとかぁ〜ケミホタルとかぁ〜

 

ウキの「種類」と「号数」と「重り」

 

「ウキ」を先に決めるか?
「重り」を先に決めるか?
にもよります。

 

ウキよりも「重り」にあわせる方もいるでしょう、
軽い仕掛の方がタチウオも、
くわえてから違和感が無いでしょう。

 

でも、稀ですが同じ仕掛けで同じ種類のウキ、タナの深さも同じでも、メーカーが違う場合、あたりのあるウキと無いウキも確かにあります。

 

だから、変えてみるのもあり?

 

電気ウキに関する事は
↓↓こちらにも書いてます。
タチウオを釣る時に、しろいたちが電気ウキに要求するもの。

 

 

 

ケミホタルの「色」と「大きさ」

 

ケミホタル

 

水中ライト

 

タチウオを狙う時に、このどちらかを付けます。

 

色は緑をはじめ赤や青など
水中ライトなら、色にくわえて、点灯や点滅、2点発光など
さまざまな種類があります。

 

そして、どうやら地域によっていい色があったりするようです。

 

以前よく通っていた所では、
「水中ライト」の「赤」の「点灯」で「明るい」
このパターンが良い事が多かった。

 

今も基本これを使います。


 

多かったというのは、
希に「緑」の「ケミホタル」の方があたりが多い時もありました。

 

そして、「無い方」が釣れる時も。

 

 

結局、その日によってタチウオの趣向が変わる時があるので、あたりが少ないなと思ったら変更してみる。

 

今日のタチウオにあわせるしかないでしょう。

 

先に、エサの種類やつけ方や大きさを変えてみてから
次に、ウキやケミホタル、水中ライトは、「基本のセット」を決めていて周りの状況などを確認しながら変えていく感じです。

 

 

こちらもどうぞ。

 

タチウオ釣るのに、ケミホタルは常識なのか?

 

あたりが無いときぃ-

ウキ釣りで、あたりが無い時。

 

1日中あたりがある時なんてほとんどありません。

 

あたりが無いのにも2つ理由があります。

 

タチウオが
「いてるか」
「いないか」?

 

単純にまずはこの2つ。

 

「いない場合」はどうしても釣れません。
タチウオも回遊の魚ですので、いなくなる時間帯も出てくると思います。

 

「いてる場合」にも2種類ある

 

そうなんです、
あたりがある時は、とりあえず問題はありません。
(ここでは「とりあえず」としておきます。)

 

「いてる」のに「あたりが無い」場合

 

●まわりにはあたりや釣れてる状況がある時。
●まわりも、あたりや釣れてる様子が無い時。

 

隣りのウキは沈む、
すこし向こうで釣れてる・・・

 

これは近くにタチウオはいてるでしょう。

 

でも自分のウキにはエサにはなんの反応も無い・・・

 

そんな時は、
@誘い
Aエサ
Bタナ

 

を変えてみる。

 

@誘い
誘ってなかったなら、誘ってみる。
誘っていたなら、誘い方を変えてみる。
早い誘いだったのなら、ゆっくりとした誘いなど

 

Aエサ
針にちゃんとついてるか?
切り身の場合なら、新しいものに変えてみる。

 

Bタナ
個人的には、
活性の高いタチウオの時はタナは浅め。
低い時は、深め。

 

時間的には、
夕まずめなどは浅めに設定してあたりが無くなってきたら深めにしていく。
また、まだ明るい時間帯はさらに深めに設定してます。

 

 

 

後は・・・

 

ごろっと、仕掛けを変えてみる。

 

 

 

●まわりも、あたりや釣れてる様子が無い時。

 

「タチウオがいない、回遊が今は無い。」
と勝手に決め付けていませんか?

 

実はタチウオは目の前の海を泳いでいるのかもしれません。

 

何かの理由で、釣り人のエサには反応しないだけなのかもしれません。

 

時々、私一人釣れる時がありますが、
そんな時は大抵他の人があまりしないような事をしてる時。

 

タナを底の方にしていたりとか。

 

あまりやらない事をするのは、暗闇の中を歩くような感覚ですが、

 

タチウオがいてるかも?
なんで食わないんだ?
どうしたら食うんだろう?

 

といろいろやってみるのが大事なのではないでしょうか?

 

 

針に掛からないときぃー

 

ウキが沈んでからの

 

タチウオとの駆け引きの楽しい所。

 

 

そして、あわせるのが難しい。

 

あたりが取れずに悩んでる方も多いのではないでしょうか?

 

針に掛からないのは、

 

あわせのタイミングが、
●早すぎるか、
●遅すぎるか です。
何を当たり前の事を書いてるねん!と思うかもしれませんが・・・

 

あわせの明確なタイミングを逃してるという事です。

 

 

近くのウキが沈んでいるのを見てると
ほとんどが、早くて掛からない事が多い。

 

反応があってからあわせるタイミングは

 

しろいたちの「タチウオのウキ釣りのこと。」

 

0秒からって!
どういうことかというと、

 

タチウオはエサを見つけて、

 

そのまま、パックンと食べてしまうタチウオもいれば
(0秒あわせ)

 

くわえて、しばらくしてから、パックンと食べるタチウオもいる
(ウキ釣りではこっちがほとんど)

 

ただ、いつパックン(あわせるタイミング)するかはタチウオによって大きくことなります。

 

 

では
「明確なタイミング」はいつなのか?

 

タチウオによって変わりますので

 

答えは、そのタチウオに聞くしかありません。

 

ウキを見るのではなく、タチウオに聞くのです。
竿で聞くのです。

 

聞く為に、
ウキに反応があったら、
ゆっくりと余分なラインを巻き取り、
タチウオの動きがわかるようにラインをはっておきます。

 

そして、
タチウオが一気にラインを引きこんだ時。

 

そのまま、竿に重みが乗るように少しだけあわせます。

 

重みがしっかり乗っていればタチウオは針に掛かっているはずです。

 

 

ここまでしても、針に掛からない時があるタチウオ、

 

ワイヤーもハリスでも見えていますから、慎重になるのも無理はありません。

 

「おかしいな?」
と思いながらタチウオはエサを食ってくるのですから。

 

 

こちらの人気の記事に詳しく書いてますのでこちらもどうぞ!
タチウオのウキ釣りのあわせ方、しろいたち流

タチウオが釣れても考える。

 

今日はタチウオがたくさん釣れました。

 

良かった!

 

釣れたのですから、今日は正解だったのです。

 

 

では、

 

何が正解だったのか?

 

これ、とっても大事。

 

今日、「何が正解だったのか」

 

エサなのか?
大きさなのか?
仕掛けなのか?
誘いなのか?
タナなのか?
天気?
波?
潮?
ポイント?
時期?
時間?
隣りの投光器?
タチウオの活性?

 

などなど、自分でどうにか出来る事と出来ない事がありますが、

 

今日釣れた事を「次の釣りの時に再現」出来れば次の釣りでも釣れるはず。

 

釣れなかったら、なんで釣れなかったを考えるよりも、簡単なはず。

 

「よく釣れた原因」を調べましょう。

 

 

釣れなくしてみれば原因がわかりやすいですけど・・・

 

例えば・・・
エサが大きくて、あたりが多いんだ!と思ったら

 

→エサを小さくしてあたりが減るか?

 

 

私の場合は、なんども確かめます。
あきらかに反応が違う場合もあれば微妙な場合もありますので、
微妙な場合は、どんな時に?(ある条件)が入るのかもと思うので
何度も確かめたりします。

 

そんな事をしてるといつしか釣れなくなってる時がありますが。。。

 

 

なんやかんやいろいろと・・・

ウキ釣りの

note マガジン「タチウオのウキ釣りのこと」販売開始。 しろいたちの「タチウオのウキ釣りのこと。」
page top