しろいたち の 釣り方。

地域で使うエサは違うようです。

 

 

「釣り」って、地方によって独特な釣り方があります。

 

ウキ釣りでタチウオを狙う時のエサの種類。(キビナゴ、サンマの定番をのぞく。)

 

旅行に行った時、釣りする予定は無いけれど釣り具屋さんに入ってみると、家の近くの釣り具屋では見たことのないような釣り具を見かける事がある。

 

また、漁港で釣りをしている所を見ていると・・・

 

何が釣れるのかも興味がありますが、あまり見ない釣り具やエサで釣っている場合があります。

 

タチウオの釣りでも同じみたいです。

 

関西、瀬戸内で、堤防からのタチウオのウキ釣りと言えば、

 

キビナゴやサンマのエサで釣っている方がほとんど。

 

舟だと、マイワシ。

 

でも、

 

南の方に行くと、シイラがいいとか、

 

関東地方だと、コノシロやサバ

 

で釣ることがあるようです。

 

いろいろですね。

 

また、聞いたり、ネット検索で出てくるのは釣れたタチウオをエサにして釣るという事も。

 

 

という事で、

 

いろいろエサにして、タチウオを釣ってみました。

 

なお、今回の記事はタチウオのウキ釣りの3大定番、「キビナゴ」と「サンマ」そして「イワシ」は別の記事にしました。

 

 

2大定番の「キビナゴ」と「サンマ」はこちら
タチウオのエサ釣り。餌はキビナゴ?サンマ?何を使う?で、キビナゴとサンマの事を書いていますのでこちらをどうぞ。

 

また、気になる?「イワシ」はこちら
イワシが大好物のタチウオ。エサにお試しあれ

まずは、タチウオでタチウオを釣ってみる。

 

ウキ釣りでタチウオを狙う時のエサの種類。(キビナゴ、サンマの定番をのぞく。)

 

タチウオをエサにする場合どうやら、しっぽの部分を使うようです。

 

ま、当然もったいないので、しっぽのほうを少し切って針につけます。

 

ウキ釣りでタチウオを狙う時のエサの種類。(キビナゴ、サンマの定番をのぞく。)

 

 

 


あ、ウキが沈んだ!

 

 

 

 

 

ウキは沈んだけれど、すぐに離してしまう?

 

浮いてきてしまいます。

 

 

タチウオか?違う魚か?釣れて無いのでわかりません。

 

 

 

その後も、何度かやってみましたがダメでした。

 

ガセネタだったか?

 

 

そして、いろいろなエサを試した結果にタチウオのシッポはシッポでも、身がある所がいいのではないか?
しっぽの先幅が1〜2センチぐらいの所だと硬くて、くわえても食べないのかもしれません。
1度だけ、タチウオの歯型がついていた事がありました。

 

 

 

そして、タチウオを3枚に卸して他の切り身のようにして使う事にしました。

 

ウキ釣りでタチウオを狙う時のエサの種類。(キビナゴ、サンマの定番をのぞく。)

 

すると・・・

 

ウキ釣りでタチウオを狙う時のエサの種類。(キビナゴ、サンマの定番をのぞく。)

 

釣れます!

 

タチウオの皮も硬く、エサも取られにくく、時にはそのままのタチウオのエサで2匹、3匹と釣る事も出来ました。

 

しかし、問題は最初のタチウオ1匹釣るのに他のエサが必要だという事

 

他のエサを用意したんだったら、そのまま用意したエサで釣りますよね?

 

さらに、釣れたタチウオを設備の整わない釣り場で3枚卸しにするのは、なかなか難しいものです。

 

大きいドラゴン級なら3枚卸しにしやすいのでしょうが、ドラゴン級は持って帰って私達が食べたいです。

 

3枚に卸したタチウオなら釣れるので、前回釣った小型のタチウオを冷凍しておいて次回使う方がいいでしょう。

 

タチウオの餌の長所と短所

 

長所

 

● タチウオが1匹釣れればエンドレスに釣りができる。
● 皮が硬く持ちがいい
● 同じエサで何匹かタチウオを釣る事も出来る
● キラキラ光るので集魚効果もあり
● 冷凍しても変わらず使える

 

 

短所

 

● 最初に他のエサが必要
● タチウオをまずは釣らないといけない
● 3枚に卸すのが面倒、難しい

 

 

ウキ釣りでタチウオを狙う時のエサの種類。(キビナゴ、サンマの定番をのぞく。)

次は、サビキでタチウオのシーズンに釣れる、豆アジやサバ、サッパなど。

秋のタチウオが釣れるシーズンはサビキのシーズン真っただ中でもあります。

 

タチウオ釣りの前や後、最中にサビキも楽しむ方も多いのではないでしょうか?

 

イワシの3種類は書いていたら、長くなってしまったので、別記事にしました。

 

こちら、
イワシが大好物のタチウオ。

 

 

私のよく行く関西地方はタチウオの時期、サビキで豆アジ、小サバ、サッパ(ママカリ)などがよく釣れます。

 

このサビキで狙えてお土産にもなる魚で、タチウオが釣れればいうことないですよね!

 

しかし、そのまま1匹付けはダメ。

 

サビキで釣れる豆アジ、小サバ、サッパをそのまま1匹付けでエサとしてつけてもどれもタチウオを釣ることは難しかったです。

 

釣れない事はないのですが、堤防から釣る秋のタチウオにはエサ大きすぎるため、食い込みが非常に悪く、エサを持ってまわるので、混雑した釣り場では針にかけることは困難です。

 

ただし、有効な場合があります。

 

それは、一口でエサを食べれるくらいの大きなタチウオがいる時です。

 

でも、大きなタチウオの前に小さなタチウオ(秋のレギュラーサイズ)が先にエサに飛びついてくるので、これも、くじ引きのような感じです。

 

大きなタチウオの回遊は、結構決まっているものです。

 

通い慣れた釣り場なら、よく釣れている時間やポイントがわかってくると思いますので、その時はチャンスです。

 

ウキ釣りでタチウオを狙う時のエサの種類。(キビナゴ、サンマの定番をのぞく。)
アジをエサに釣れた時は、半分に噛み切ったアジがお腹の中から出てきました。

 

 

ここからのアジ、小サバ、サッパは、基本的に3枚に卸したものです。

 

サッパ

 

ウキ釣りでタチウオを狙う時のエサの種類。(キビナゴ、サンマの定番をのぞく。)

 

サッパは3枚卸しの時点で、エサとしては脱落します。

 

サッパクラスの15p位の大きさでは、3枚に卸しても、ほとんど身がないし、骨がめだってしまうのでエサとしては不向き。

 

実際、何とか3枚に卸して使ってみましたが、卸すのが難しいのとタチウオの反応もいまいちでした。

 

 

でも、ピカピカ光る魚体なので、良さそうですよね?

 

コノシロくらいの大きさになれば、エサとしては使う事が出来ます、関東方面ではコノシロの切り身で釣っている所もあるようですので釣れるのでしょう。

 

 

サッパの長所と短所

 

長所

 

● キラキラの集魚効果

 

短所

 

● そもそも3枚に卸すのが非常に難しい
● 骨が多いのでタチウオもあまり好まない

 

ただし、大きくなってコノシロクラスだと使える。

 

 

 

アジ

 

ウキ釣りでタチウオを狙う時のエサの種類。(キビナゴ、サンマの定番をのぞく。)

 

豆アジから20pぐらいまでのアジがよく釣れるでしょうか?

 

20pを超えてくると、人が食べたいですね。

 

タチウオのエサとして使う場合は、アジ特有のゼイゴも取ってしまうのがおすすめ。

 

ゼイゴを取ったら、5p〜7pくらいの大きさ(長さ)に切って、使用します。

 

アジは、タチウオがよく釣れるエサのひとつだと思います。

 

豆アジクラスの大きさだと、2〜4切れくらいしかエサとして使えませんので、なかなか大変なのと、冷凍後は使えない所が問題。

 

冷凍してしまうと、皮が非常に弱くなって、切り身としてエサを取られにくい、外れにくい長所が無くなってしまうからです。

 

アジは、このタチウオの釣れるシーズンもよく釣れるターゲットですので、非常に手に入りやすく、夕方から夜でもタチウオを釣りながら補給する事もできますので、便利な所もあります。

 

アジの長所と短所

 

しろいたちの
  おすすめbQ

 

長所

 

● サビキなどで入手が容易
● 夜でもタチウオ釣りながら補給も可能
● タチウオもよく釣れる

 

 

短所

 

● 冷凍すると皮が弱くなり、冷凍では使えない
● 豆アジだと2つくらいしかエサが取れない

 

 

 

小サバ、中サバ

 

ウキ釣りでタチウオを狙う時のエサの種類。(キビナゴ、サンマの定番をのぞく。)

 

小サバ、中サバですが中サバは25pぐらいまでのサバ。

 

サバは、なぜだか嫌われる魚。25pくらいなら食べてもおいしいのですが・・・

 

タチウオを釣っていても中サバクラスが釣れる事がありますが、ほとんどの方はリリースされます。

 

でもサバは、タチウオよく釣れます!

 

小サバはぬるぬるするし、エサとして取るのも数が取れませんので少々大変です。

 

中サバクラスは、おすすめです。

 

数は取れるし、冷凍しても使う事も出来るため、私も中サバが釣れたら釣っておいて、すぐに内臓を取って、人が食べれるようにして持って帰ります。

 

そして、家に帰って、太った美味しそうなものは私達が食べて、そうでもないのはエサ用に3枚に卸したものを冷凍しておきます。

 

ウキ釣りでタチウオを狙う時のエサの種類。(キビナゴ、サンマの定番をのぞく。)

 

数匹分ずつラップで巻いて、冷凍しておくと便利です。

 

そして、小出刃かキッチンバサミで切る事ができますので、釣り場で好きな大きさにカットします。

 

ウキ釣りでタチウオを狙う時のエサの種類。(キビナゴ、サンマの定番をのぞく。)

 

形は、単に短冊に切って使うより、小魚イメージでカットするのがおすすめ。

 

この切り方は、アジなど他の魚を切り身で使う場合でも同じです。

 

大きすぎるサバは注意が必要です。

 

スーパーなどで売っているサバは、身が分厚い場合があるので、あまりに分厚い場合は身を薄くして使いましょう。

 

サバは、タチウオもよく釣れるし、中サバクラスだとエサの数も取れるし、大きさも自由にできるし、冷凍してもOK!です、使い勝手もよくおすすめのエサですので一度お試しください。

 

しろいたちの
  おすすめbP

 

中サバの長所と短所

 

長所

 

● スーパーなどでも入手が容易
● 冷凍しても変わらない(鮮度良く保ちましょう)
● タチウオもよく釣れる
● 中サバクラスだとエサの個数も取れる
● エサの大きさも大きくすることも出来る

 

短所

 

● 中サバが釣れない時がある
● 身の厚すぎるものは注意が必要

 

 

チャリコ

 

ウキ釣りでタチウオを狙う時のエサの種類。(キビナゴ、サンマの定番をのぞく。)

 

サビキや、投げ釣りで釣れてしまうチャリコ。

 

真鯛ですが、小さいので身が少なく鯛なので、骨が硬く人が食べるには少々面倒。

 

30pもあればどこに持って行っても喜ばれるのですが、チャリコだと困りもの。

 

さて、こいつをタチウオの餌にしてみました。

 

結果は、タチウオは釣れました。

 

チャリコでも大丈夫ですがこれも3枚に卸すのが面倒なんです。

 

タチウオのエサの所でも書きましたが、硬いものは苦手なので、骨は厳禁ですのでチャリコも3枚卸し。

 

3枚に卸すんだったら、人が食べる方がいいかもしれません。

 

なお、チャリコでタチウオを釣った時、タチウオの活性が異常に高かった日だったので、通常の時にも今度試してみたいと思います。

 

チャリコの長所と短所

 

長所

 

● タチウオは釣れます

 

短所

 

● 3枚に卸すのが面倒
● 手間をかけたのなら人が食べたい

 

 

 

オキアミ

 

オキアミでタチウオを釣った事がありますが、ベルトサイズの小さいタチウオでした。

 

アジ狙いで、オキアミのエサを付けて糸をたらしていた所、何度かハリスを切られ最初は、フグだろうと思っていたのですが、どうやら犯人はタチウオだったようです。

 

タチウオは、エビなどの甲殻類も食べるようですが、どうやら小さい頃だけのようですので、オキアミでのタチウオ狙いはないですね。

 

オキアミの長所と短所

 

長所

 

● 入手が簡単

 

短所

 

● 釣れるのは小型のタチウオになってしまう

 

 

 

ここまでは、私が実際釣ってみて、タチウオが釣れる(釣れた)エサです。

 

次は、試してみたい、関西ではあまり使わないけど地域ではこれ!というエサです。

 

とういう事で、

 

定番のエサのサンマやキビナゴ、イワシのエサ以外なら・・・

 

 

しろいたちのおすすめは

 

 

bP サバ

 

中でも25p前後ぐらいの中サバ。

 

bQ アジ

 

bR タチウオ


 

です。

 

bPのサバは、サンマの切り身と同様もしくは、サンマ以上に扱いやすく、タチウオの釣れるエサだと思いますので一度釣った中サバをエサで使って見てください。

 

 

ウキ釣りでタチウオを狙う時のエサの種類。(キビナゴ、サンマの定番をのぞく。)

試してみたいエサと、こんなエサでも釣れるみたい です。

試してみたいエサは、

 

サヨリ

 

ウキ釣りでタチウオを狙う時のエサの種類。(キビナゴ、サンマの定番をのぞく。)

 

食べたらおいしいサヨリなので、ついつい食べてしまう。

 

でも、身も硬いし、大きさも、長さを調節してカットすればいけそうな感じがします。
また、ウキ釣りではないですが、テンヤの引き釣りに使う方もいますので、タチウオは食いついてくるとは思うのですが、ちょっと身が硬いので噛んだ後離してしまうかもしれません。

 

しかし、使い勝手(もち)はいいはずなので、ウキ釣りでも釣れるなら使いたいけど、入手が釣りにいかないと買ってまではちょっと・・・

 

 

 

イカ

 

イカでもタチウオが釣れるらしい。

 

エサの持ちもよさそうだし・・・

 

しかし、調べてみると、オキアミやイカを食べるのは7〜80センチぐらいまでのタチウオに多いらしく、大きくなってくると魚を食べる傾向が強くなってくるようです。

 

 

タチウオの釣れ始めの小型がメインの時にいいのかもしれません

 

 

ウキ釣りでタチウオを狙う時のエサの種類。(キビナゴ、サンマの定番をのぞく。)

 

関連記事

 

タチウオのエサ釣り。餌はキビナゴ?サンマ?何を使う?

 

イワシが大好物のタチウオ。

 

 

「note」を購入の方は、購入時のお名前を入れて下さい。
>

 

タチウオのウキ釣りなら

関連記事

 

タチウオのエサ釣り。餌はキビナゴ?サンマ?何を使う?

 

イワシが大好物のタチウオ。

 

 

 

「note」を購入の方は、購入時のお名前を入れて下さい。
>

 

page top