しろいたち の 釣り方。

タチウオのあわせ方を短くまとめました、ウキ釣り。

長々やめていい?

 

        \
こんにちは、

 

しろいたちです。
        /


 

今回も、ツイッターで応募した内容です。

 

あわせのタイミングのリクエスト。

 

なんですがね〜、

 

いろいろ考える事3日間。

 

太刀魚のウキ釣りのあわせの所はウキ釣りのキモの部分。

 

書きだしてみると、あれもこれもと書いてるうちに非常に長々となってしまって、何を言いたいのかわからなくなってしまった。

 

いったん、キレイに消去。

 

 

今度は、まとめてまとめてみたら非常に短くなってしまった。

 

ちょうどいいとこ、なかったんかい!

 

自分に突っ込んでみましたが、なかなかの出来だと思うので、見てやってください。

 

期待してもらったものとは違うかもしれませんが・・・

 

 

先にこちらを見てからの方がわかりやすいと思います。

 

タチウオのウキ釣りのあわせ方、しろいたち流

 

まず、キモはここなんです。

 

タチウオのあわせ方を短くまとめました、ウキ釣り。

 

タチウオのウキ釣りは、

 

ウキに反応が出たら

 

ラインを張り、タチウオの動きをラインを通して感じとる事。

 

マスターへの道はここから始まる。

 

 

 

最初に基本をマスターしよう

 

タチウオのあわせ方を短くまとめました、ウキ釣り。

 

タチウオの動きをロックオン出来たら、

 

タチウオがエサを飲み込んだ合図は、「ビュンッ!」と動く時。

 

まさにその時が、あわせる時。

 

この一瞬を見逃すな。

 

それまでにあわしてしまうと、針に乗らない事が多い。

 

 

待つ忍耐が必要。

 

急ぐと、逃がしてしまいます。

 

 

活性の高い時と低い時。

 

 

タチウオのあわせ方を短くまとめました、ウキ釣り。

 

タチウオがテンションの高い時は、

 

少々のミスをしても再びすぐに食ってくる。

 

このチャンスにじゃんじゃん釣ろう。

 

あんまりないけど。

 

 

 

タチウオのあわせ方を短くまとめました、ウキ釣り。

 

活性の低いタチウオは、

 

機嫌の悪い友人を説得するように

 

大きな心を持ち見守ろう

 

誘う場合は時をみて「やさしく」始めること。

 

「丁寧で親切な心」は、やがてタチウオに届くから。

 

いらない、誘いは心を閉ざす要因になる。

 

ドラゴンサイズになってくると

 

 

タチウオのあわせ方を短くまとめました、ウキ釣り。

 

経験上、大型のタチウオはエサを丸飲みにして

 

一気に走り出すか

 

ウキをジワジワ沈めていくタチウオに分かれる。

 

ゆっくりしか動かないから、小さいかなと思っても

 

「重量感」や「激しさ」がある時は慎重に。

動かないウキ。

 

 

タチウオのあわせ方を短くまとめました、ウキ釣り。

 

最初にウキに反応が出てから動かない

 

食べるかどうしようか迷ってる状況のタチウオだ。

 

そんな時、誘いは有効だけれども、

 

勢い余って強く攻めれば、嫌がれます。

 

まずは、やさしく親切に誘いましょう。

 

サラッとスムーズな誘いを待っています、

 

強引なのは嫌われます。

最後に、心構えと、こだわり。

 

タチウオを釣る時の心構え。

 

タチウオのあわせ方を短くまとめました、ウキ釣り。

 

ウキに反応があってもあせらない事。

 

はじめは、タチウオまかせにしておこう。

 

警戒している時にヘタに触れば逃げて行く。

 

スイッチが入ったタチウオは、

 

食べると決めたエサはあきらめない。

 

貪欲に食ってくるから。

 

 

しろいたちのこだわり

 

タチウオのあわせ方を短くまとめました、ウキ釣り。

 

釣りの最大の詰めの時。

 

それはあわせの時。

 

しろいたちのこだわりは、この時。

 

「短く」、「強く」、「鮮やか」に決める。

 

決して大振りしない事。

 

掛からなかった時に見失うからだ。

 

まだタチウオはあきらめて無いのに

 

とは言ってもテンションが上がってくると、これが制御できなくなってきてしまう。

 

まだまだやってしまう。

 

平常心、平常心・・・。

 

 

 

もう少し出来そうなんですが・・・

 

それではこのあたりで・・・・

 

 

 

 

 

 

 

タチウオのあわせ方を短くまとめました、ウキ釣り。

 

「note」を購入の方は、購入時のお名前を入れて下さい。

 

page top