しろいたち の 釣り方。

タチウオはワインド?ウキ釣り? 何から始めよう。

 

 

しろいたちです。

 

今回は、タチウオのウキ釣りの楽しさをちょっと・・・

 

 

タチウオの釣りも様々です。

 

ワインドやルアー、テンヤの引き釣りなど、もちろん、しろいたちの好きなウキ釣りもあります。

 

どの釣りでタチウオを仕留めるか?なのですが最初に釣り方を決めなくてはいけません。

 

釣り方によって竿も違えば、使う小物、釣り方も違うので、最初始める時に買いそろえるものも変わってきます。

 

釣りのスタイルで大きく2つに分かれると思います。

 

1つは

 

● ワインドやルアーなどでの釣り。

 

そして

 

● ウキ釣り。

 

です。

 

 

じゃぁどっちがよく釣れるの?


 

答えは、
どちらも、よく釣れます。

 

どちらもよく釣れますが、

 

釣れる特徴としてはワインドやルアーは夕方などのじあい。

 

このじあいが終わったら今度はウキ釣りの時間です。

 

ウキ釣りは、時間をかけてじっくり釣ります。

 

じあいの時間にウキ釣りでも釣れますが、手返しが遅くなるのと、沖からやってくるタチウオを釣り始めるのにより沖に投げれる、ルアー等の方が有利です。

 

 

短時間勝負のワインドやルアーか?

 

じっくりタチウオと向きあうウキ釣りか?

 

ざっくりだとこんな感じでしょうか?

 

 

釣りの経験のある方

 

タチウオのウキ釣りの楽しさ。

 

まずは釣りの経験のある方は、今までの釣りで他の魚を釣ってきているでしょうから、釣りの楽しさや釣れない時の悔しさ、釣れた時の喜びを知っているので、回遊のない時でも心折れずに頑張る事が出来ると思います。

 

また、同じような系統の釣りでタチウオ釣りをはじめてみるといいでしょう。

 

利点は、道具類の流用が出来るし、操作も慣れていると思いますので、手軽にタチウオの強力な引きと、美味しさをあじわう事ができるかもしれません、そして、最初は同じ方がよく釣れるでしょう。

 

 

釣りの経験のない方。

 

タチウオのウキ釣りの楽しさ。

 

当然、悩む所だと思います。

 

そこで、

 

しろいたちの思う、ウキ釣りと、ルアー、引き釣りの違いなどを書いていきます・・・

 

ワインドやルアー。

ワインドやルアーの特徴

 

タックルのセットも家などで事前にある程度準備しておくこともでき、道具類も少なめで、釣り場について簡単に釣り始める事ができ、片づけも簡単なので、短時間の釣りでもOK。

 

一方、ルアーなので、じっとしていては当然釣れないので、竿を振り、ルアーを動かし続けるので、長時間の釣りには向いていない。

 

じあいの時間に集中して釣るのに向いている。

 

また、ガツンといきなりヒットする所もある。

 

 

いい所
○ ワインドやルアーは、短時間でサクッと釣りをする事もできる。

 

○ エサも使わずルアー等を使いますのでちょっと釣りたくなったら、海に寄って釣る事もできます。(実際は関西でタチウオが釣れ始めると、釣れ出す時間までには釣る場所はないので場所取りが必要です。)

 

○ 底から表層まで自分しだいで探れる。

 

注意な所
○ ワインドやルアーは、投げて釣りますので、広く探ろうとするとより遠くへ投げる必要があります。

 

○ 動かし方も重要。

 

○ エサは釣りに行くたびに必要ない代わりに、1つ数百円〜数千円のルアー等が数個は必要。

 

○ じあい以外の釣りは、上級者でないと難しい。

 

 

ウキ釣り

 

タチウオのウキ釣りの楽しさ。

 

ウキ釣りの特徴
電気ウキを見ながら、釣るタチウオの釣りは仕掛けを投入してじっと待つ釣り、とも思われがちですが、攻める釣りもどちらもできる。

 

のんびりと、タチウオの回遊を待ち、ウキなどからタチウオの状況を読み、ほとんどの場合ウキに反応があってから時間をかけて釣る。そのため他のウキ釣りとは違い長いドキドキ感があじわえる。

 

小道具類も多くなるので、荷物も多めになりがち。

 

いい所

 

○ 釣りの醍醐味?ウキの沈むワクワク感がいい。

 

○ ウキが沈んでからも、いつあわせよう?のドキドキは続く。

 

○ のんびり釣りを楽しむ事も出来る。

 

○ エサの深さ(攻めるタナ)は、決めておける。

 

 

注意点

 

○ タチウオのウキ釣りはウキが沈んでから、あわせのタイミングが独特。(これが人気の理由かも)

 

○ エサ)によって仕掛けが変わることも。

 

 

 

ここまで書いてくると、ワインドやルアーの方が簡単で楽に始める事が出来るし、エサ等の臭いも気にする必要もないので良さそうと思うでしょう。

 

しかし、ある程度の経験(練習)を積まないと、数釣る事は難しいでしょう。

 

ウキ釣りも、同じような所はもちろんありますが、ある程度の数までのタチウオの釣りやすさは、ウキ釣りでしょう。

 

ウキ釣りは、電気ウキ、重り、ケミホタル、針などの仕掛けを作り、エサをしっかり付ける事が出来るなら、タチウオの食いつきは初心者の方でも変わりはほとんどないからです。

 

後は、あわせる(タチウオを針にしっかりかける事)タイミングですがここもタチウオのウキ釣りのおもしろい所だと思います。

 

でも、ウキが沈む所を見るだけでも楽しく、しろいたちはウキ釣りが大好きです。

 

そんなウキ釣りの楽しさを書いてみました・・・

 

 

タチウオのウキ釣りの楽しさ。

ウキ釣りの方が楽しいのだ!

ワインドやハードルアー、引き釣りなどで釣るタチウオもいいですが、ウキで釣る方がもっと楽しい。

 

ウキ釣り以外のタチウオの釣りは、常に動かす釣り。
そして、タチウオが噛みつく一瞬に、あわせる釣りです。
攻撃的な釣りでもあります。

 

しかし、ウキ釣りはタチウオがエサに噛みついたところであわせても、ほとんど針にかかる事はありません。
タチウオがエサを飲み込むのを待つ必要があります。
基本は待ちの釣りです。

 

一瞬の攻防を楽しむ釣りと、長い時間待つかもしれない待ちの釣りと真逆の釣りでもあります。

 

でも、ウキ釣りも仕掛けを入れた後、タチウオが食いついた後、ただただじっとウキがいつ沈むのか?いつあわせるのか?と待っているだけでもありません。

 

ウキの状態から、いろいろ考え、タチウオとの駆け引きも楽しみながら、タチウオが自分の思った通りになり、仕留めた時、釣ってやった!と満足感もある釣りなんです。

 

そして、ウキ釣りの一番はウキが沈む時がいいですよね!

やっぱり、ウキが沈む瞬間がいいね!

ウキ釣りで、一番の時はウキが沈んだ時。

 

タチウオのウキ釣りの楽しさ。

タチウオのウキ釣りの楽しさ。

 

やっぱり、ウキが沈む瞬間がドキッ!とします。

 

この瞬間がたまりません。

 

他の釣り方とは違って、視覚的にきたきた、きたー!となります。

 

まずはこのウキが沈むのを待つのです。

 

その為に、エサを考えたり、タナを変えたり、仕掛けを考えてみたり、針をウキと変えてみたりといろいろするのですが、自分の考えがピタッ!とはまってウキが沈んだ時は楽しいです。

 

これは、ウキ釣りもルアー等の釣りでも同じと思います。

いつ?いつ?いつなの?

いつ?
 いつ?

 

タチウオのウキ釣りの楽しさ。
そうなんですタチウオのウキ釣りには

 

いつ?

 

が2回やってきます。

 

1回目はもちろん

 

いつ?

 

ウキが沈むのか。

 

ウキ釣りでは、ウキが沈む瞬間を待つのですが、その時がいつやってくるのかはわかりません。
その一瞬を待ち、ウキを見つめるのです。

 

でも、しばら〜くあたりがなかったら、スマホ見たり飲んだり食べたりの他の事をしていて、ふと、ウキを探したら、無い!沈んでる!なんて事もあるある。

 

タチウオのウキ釣りはのんびり釣れる所もいい所。

 

ウキ釣りの場合は、タチウオがエサに食いついても、すぐにあわせる事はしないのが普通、ウキが沈んだら、ビシッ!とすぐさまあわせる必要がない(あわせても針にかからない)ので、じっくり待つ必要があります。

 

タチウオのウキ釣りは、ここからがもう一つのいつ?なんです。

 

そう、いつあわせるか?

 

このドキドキが1匹釣りあげるのに、ここまでで2回もあるのです。

 

そして、しっかりフッキングしたならどの魚でもそうですが、絶対に釣り上げることができるかといえばそうでもなく、タチウオの場合は、あの鋭い歯があるので、ワイヤーを使っているといえども、重量感のある大きさになってくると釣り上がるのか?ワイヤーが切れてしまわないかドキドキしながら抜きあげる事になります。

 

余談ですが・・

 

なんでか、タチウオをタモで捕獲しようとする釣り人は見た事がありません。

 

私は、せっかくの銀ピカのタチウオを出来るだけきれいなまま釣り上げたいので使いませんし、釣り上げた後も、地面にそのままダイブさせ、キズだらけにするような事はしませんが、そのままダイブさせる人でも抜きあげます。

 

同じ様な重さのサワラが掛かったらタモで入れるのに・・・(何度か見ました急いで準備している所。)

 

キズがついてもいいのなら、タモを使えばいいのでは?と思うのですが。

 

ウキの状態からタチウオの動きを思う。

例えば・・・

 

じあいの時間は、タチウオも浮いてくるのでウキ下は浅めに設定して、じあいの時は食いいいのであわせも早めで数を釣っていく。

 

しかし、じあいが終われば、タチウオは沈んでいくので、ウキに反応が無くなってきたり、食いが浅く渋くなってきたら、ウキ下は深くしていき、あわせも慎重にする。

 

また、ウキが微妙に反応してるかしてないかの時にタチウオが近くにいる!となった時、誘ってみると・・・

 

2秒後にウキが沈む。

 

とか、

 

しろいたちは、タチウオがどうしてるのか?をウキからラインなどからタチウオの状況を想像しながら釣りをするのです。(あれ私だけ?)

 

そして、タチウオを釣っていくのですが、このタチウオとのやり取りが楽しい。

 

早くにあわせると、針には掛からない。

 

かといって、放置していても、エサだけ取られてしまう。

 

あわせるタイミングをしっかり待ち、あわせる事で釣れるタチウオは奥が深いものがあります。

 

私も、まだまだ、パーフェクトにかける事は出来ません。

 

「難しい」

 

だから、はまるのだとも思います。

タチウオとの駆け引きを楽しもう!

実は、ウキに反応が始まる前から始まってます。

 

タチウオとの駆け引き。

 

ウキ釣りだと、

 

仕掛けを投入して、流していき、流れていったら回収して投げ返す。

 

この繰り返しのイメージがあると思います。

 

しかし、これでは、さすがのタチウオさんも興味をしめしてくれるのは少ないでしょう。

 

タチウオを誘う。

 

ここから、駆け引きが始まっています。

 

タチウオのウキ釣りの楽しさ。

 

興味を持って寄ってきてくれるように、チラチラ見せましょう。

 

 

タチオさん(タチウオ)が興味を持ち、食いついてきたら、次のステップへ。

 

最初に、タチオさんをしっかり信じ込ます事ができれば、タチオさんがあなたのもとにくる確率があがります。

 

 

食いついてすぐは、タチオさんも警戒してますので、やさしくしましょう。

 

急な動かしは禁物です。

 

しばらくして、タチオさんがエサを持って泳ぎだしても少し我慢。

 

早ければ、本気食いがあります。

 

しかし、まだなら駆け引きの次のステップです。

 

私は、ここから少し引っ張ったりして誘ってみます。

 

すると、タチオさんが反応してくれることもありますので、ここから止めたり、ゆるめたりいろいろとやってみます。

 

ここまで、タチオさんがしっかりくらいついている時は、エサを離しても再び食べにくる事が多いので、もし離したら、そのまま待ち、タチオさんの緊張が解けるまで再び待ちましょう。

 

そして、タイミングをあわせて、竿で少しあわせ、タチオさん(タチウオ)が乗っている事を確信したら、自分のもとに誘導(リールを巻く)してあげましょう。

 

タチウオのウキ釣りの楽しさ。

 

 

しかし、

 

タチウオの場合は、このような、駆け引きだけではもちろんありません。

 

様々な方法でタチウオも仕掛けてきます。

 

でも、どんな時も、先手を取られる事のないようにしましょう。

まとめ

ここまで、ウキを見て、タチウオの状況を考えながら、いついついつなの?あわせるタイミングは?と考えながらタチウオとの駆け引きを楽しんだり。

 

いろんなパターンがあるウキ釣り。

 

ぜひとも、じっくり時間をかけて、タチウオとの駆け引きを楽しんでみてください。

 

エサをくわえてから、あわせる(釣りあげる)のに、ここまで時間のかかり、魚と駆け引きを楽しめる釣りは他にはありません。

 

しかも、堤防などから簡単に釣る事が出来るので、是非とも一度タチウオをウキ釣りで釣ってみてください。

 

これだけ、ワインドやルアーが進化する中、ウキ釣りでタチウオを狙う人が多いのも納得するはずです。

タチウオのウキ釣りの楽しさ。

 

「note」を購入の方は、購入時のお名前を入れて下さい。
>

 

page top