しろいたち の 釣り方。

リールのメンテナンスは必要。

 

こんにちは、しろいたちです。


 

突然ですが、

 

みなさんは、リールのメンテナンスやってますか?

 

しろいたちはやってません。

 

胸を張って言うことでもないですが・・・

 

 

きちんとメンテナンスしているという方は、この記事はスルーで大丈夫です。

 

 

何年も使ってますが、メンテナンスなんて呼べるものはした事がありません。

 

問題なく使えてしまいますので・・・

 

 

 

もちろん、メンテナンスはやった方がいいんです。

 

大事に使えば長く使うこともできるし、

 

メンテナンスを日頃からしておくことで、チョットした異変にもすぐに気がつく事もできます。

 

でも、なかなかできないしろいたちなんです・・・

 

 

とうとう、先日リールが壊れました・・・。
記事はこちら、長年使ってきたリールがとうとう壊れました。

 

そして、新しいリールも買いました。
記事はこちら、NEWリールを購入しました!

でも、新しいリールからはやってやろう!

いままで使っていた、レブロス達。

 

10年くらい経っていると思いますが・・・

 

最初の5年ぐらいは、メンテナンスなんてしなくても特に違和感なく使用できました。

 

少し、違和感を感じだしたのは、ここ数年。

 

タチウオ、サバ用のリールが巻くのが重いので調べてみた所・・・。

 

異変の所がわかったので、(ラインローラーでした。)

 

少し隙間ができていて、

 

その隙間にラインが入ると

 

抵抗がかかり→重くなる→異音がする

 

という流れ。

 

そこで、ネジを締めたりしても変わりなし、部品交換しかない感じなので・・・

 

釣り具屋さんに部品を注文をしにいくと、「もう、その部品は在庫がない」と言われてしまいました。

 

なんでこんなことになるのかと原因か調べていたら、メンテナンスをしよう!って出てくる。

 

しかもあんまり手間もかかりそうにない。

 

(結局、原因はわかりませんでしたが、使い方?)

 

 

2〜3回の釣行後に、4か所にオイルを1滴、注入してあげるだけでいいらしい・・・

 

海で使うリールを私はメンテナンスなんてしてこなかったのですが
●ハンドルノブの付け根

 

海で使うリールを私はメンテナンスなんてしてこなかったのですが
●ハンドルの付け根

 

海で使うリールを私はメンテナンスなんてしてこなかったのですが
●スプール軸

 

海で使うリールを私はメンテナンスなんてしてこなかったのですが
●ラインローラー

 

この4か所。

 

そこで、調べてみました!

 

まずは、「オイル」と「グリス」の違い。

4か所に注油するのですが、「オイル」と「グリス」があります。

 

リールのメンテナンスには、注油する場所によって両方使います。

 

「オイル」と「グリス」の特徴。

 

両方とも、錆を防止するのは同じですが、目的が少し異なりますので

 

オイル

 

オイルは、サラサラした潤滑油で、液体です。

 

回転性能をより高め、軽い力で回せるようにするために使いますので、ベアリングなどに使います。

 

 

グリス

 

グリスは、ねっとりとした個体。

 

主に、リールの中のギア部分などに使われています。

 

金属の磨耗を防ぎますので、ギア部分など擦れる部分に使います。

 

耐水性もあります。

 

 

そうか・・・

 

めんどくさい私は、どっちかだけでいいか?とも思ったのですが・・・

 

「オイル」は液体ですので、隅々まで浸透しやすく軽いのですが、耐久性はありません。

 

「グリス」は個体ですので、耐久性はありますが、浸透はしにくく、使用量が多いと重くなってしまう事もあります。

 

 

それぞれ長所と短所がありますので、場所によって使い分けましょう。

 

メーカーからも両方販売されています。

 

 

 

 

あの4か所に少しづつ注油。

●ハンドルノブの付け根
●ハンドルの付け根
●スプール軸
●ラインローラー

 

この4か所にそれぞれ、「オイル」か「グリス」を注油していきましょう。

 

 

海で使うリールを私はメンテナンスなんてしてこなかったのですが
●ハンドルノブの付け根

 

一番手に近い回転する部分になりますので、ここがスムーズに動かないと、快適に釣りをすることは出来ません。

 

使用すのは、「オイル」

 

直接プシュッ!っといっても構いませんが、

 

いったんティッシュなどに軽く吹き付けると、先端にオイルのしずくができるのでそのしずくを注油します。

 

回転させてなじませます。

 

余分なオイルは拭きとります。

 

 

 

海で使うリールを私はメンテナンスなんてしてこなかったのですが
●ハンドルの付け根

 

ハンドルをはずしてここには「グリス」を注油します。

 

耐水性もあるグリスを使い、リールの心臓部であるギアボックス内部に、出来るだけ水、海水が入らないようにするためでもあります。

 

ハンドルの付け根とはずした反対側からも注油しましょう。

 

海で使うリールを私はメンテナンスなんてしてこなかったのですが

 

 

 

 

海で使うリールを私はメンテナンスなんてしてこなかったのですが
●スプール軸

 

こちらも「グリス」を塗り、のばして、余分なグリスは拭きとります。

 

せっかくだからと、多く付けておこうと「多すぎる」と、逆に回転に負荷がかかり重くなってしまうので注意です。

 

海で使うリールを私はメンテナンスなんてしてこなかったのですが
●ラインローラー

 

海水が付いた道糸がここを通るので、リールの中でも最も過酷な環境の場所。

 

リールによって、ラインローラーが回転するもの、しないものがあります。

 

特に回転するラインロ―ラーは注油をしておきましょう。

 

ここは、釣行が終わったら、注油するぐらいでもOK!この方法なら、「オイル」を使いましょう。

 

 

 

 

出来る限りメンテナンスをしょう。

新しいリールも購入したので、これからは今までのリールもあわせてメンテナンスをしていこうと思います。
今までほぼしてこなかったのであまり自信はないですが、出来る限りやりましょう。

 

 

釣行後に毎回、水洗いしたりするのは難しいかもですが、月に1回ぐらいはやります!

 

 

 

最低、ラインを巻き替える時にはやります。

 

ラインの交換は年に1回ぐらいですが、この年に1回の時に「しっかりメンテナンス」をするようにします。

 

 

それでは、出来る限りやって行きますので、「あれ?しろいたちメンテナンスやってないな!」と感じたらTwitterでも構いませんので、一言お願いします。

 

>

 

でわでわ・・・

page top